体験談 神奈川

【NIPT体験談】東邦大学大森病院【39歳女性】

*当サイトは広告アフィリエイトを利用しています。

NIPTをいつ受けましたか?

自分が39歳、夫が36歳の時に第1子妊娠時に受けました。

NIPTを受けようと考えたきっかけはなんですか?

高齢出産で不妊治療の末の妊娠だったので、いろいろ不安があり調べていたときに知りました。

NIPTは妊婦の体には特に危険がなく、陰性となれば、健やかに妊婦生活が送れるのではないかと決めました。

もちろん陽性になった場合、果たしてどうするのか迷うところではありましたが、不安な気持ちで妊娠を続けるよりも私が受けたいと思いました。

NIPT以外の出生前診断を受けようか考えましたか?

特に考えませんでした。

NIPTを行った医療機関と、選んだ理由はなんですか?

神奈川県川崎市在住で、家から比較的近かったので東京都大田区の東邦大学大森病院で検査を受けました。

不妊治療で通っていたところも蒲田だったし、大きい病院でなんとなく安心感があったからです。

病院の雰囲気や感想を教えてください

ちょうど不妊治療のクリニックでも見ていただいていた先生だったので、なんとなく安心して受診することができました。
説明もわかりやすく、特に不安はなかったです。

NIPT検査の種類と選択した理由、料金を教えてください

13,18,21トリソミーのみ調べて25万円かかりました。

NIPTの検査の流れと時間を教えてください

1日目:カウンセリング、説明、問診、採血
2日目:結果報告

NIPTを受けた後の気持ちを教えてください

健やかな妊婦生活を送ることができました。お金はかかりましたが、受けたことに後悔はないです。

ただ、生まれた子は他の障害をもっていました。

NIPTを悩んでいる方にメッセージをお願いします。

受けようか悩んでいるなら、受けてみればよいと思います。

それで安心して妊婦生活を送れたので、受けてよかったと思っています。

NIPTカウンセラー

なっち

NIPTカウンセラー
■ 助産師6年、NIPTカウンセラー5年
■ 年間100組以上のカップルにNIPTのカウンセリングを実施。NIPTカウンセリングの経験を活かしてNIPTに関する情報発信中

-体験談, 神奈川