体験談 福岡

【NIPT体験談】九州医療センター【福岡県・43歳女性】

*当サイトは広告アフィリエイトを利用しています。

NIPTをいつ受けましたか?

自分が43歳、夫が39歳、子どもが8歳と4歳の妊娠時に受けました。

NIPTを受けようと考えたきっかけはなんですか?

第1子の時はアメリカで出産しました。

アメリカでは日本よりもNIPTを受けている人が圧倒的に多いようで、産婦人科医から勧められて検査を受けました。

第1子のときにNIPTをやったことで安心して妊娠生活を過ごすことができたため、今回も受けようと思いました。

夫婦ともにNIPTを経験していたので、前向きでした。

NIPT以外の出生前診断を受けようか考えましたか?

特に考えませんでした。

値段は高いですが、血液を採るだけの検査なので安全であること、友達が羊水検査で流産をしてしまったので、安全なNIPTしか考えませんでした。

NIPTを行った医療機関と、選んだ理由はなんですか?

福岡県在住で、福岡県の九州医療センターで検査を受けました。

通っていた産婦人科では検査ができず、九州医療センターで検査ができると言うことで紹介してもらいました。

病院の雰囲気や感想を教えてください

アメリカで検査を受けたときは、カウンセリングなどなく、妊婦検診の合間に血液を採って検査をしました。

日本では染色体のこと、検査の詳しい内容などをしっかり説明してくれて、理解できた上で検査ができたので良かったです。

NIPT検査の種類と選択した理由、料金を教えてください

13,18,21トリソミーのみ調べて20万円かかりました。

NIPTの検査の流れと時間を教えてください

検査前:夫婦でカウンセリング(1時間程度)
検査当日:採決
採決2週間後に結果説明のため病院へ

NIPTを受けた後の気持ちを教えてください

結果が陰性であれば安心できるという気持ちだけで検査をしたので、もし陽性だった場合どうするかということについては決まらないまま検査を受けました。

検査を受けてから結果説明まではとても不安でした。

NIPTを悩んでいる方にメッセージをお願いします。

血液を採取するだけで胎児のことが分かるという画期的な検査なので、費用さえ払えれば安全性ということではおすすめです。しかし、陽性になった時にどのような選択肢をとるかということをできるだけ夫婦で話し合っておく必要があると思います。

NIPT体験談まとめ

アメリカでNIPTを受けた経験のある方の九州医療センターでのNIPT体験談でした。

アメリカではマススクリーニングのように行われている検査ですが、やはり事前に十分な遺伝カウンセリングを受けて納得して検査することが望ましいですね。

NIPTカウンセラー

なっち

NIPTカウンセラー
■ 助産師6年、NIPTカウンセラー5年
■ 年間100組以上のカップルにNIPTのカウンセリングを実施。NIPTカウンセリングの経験を活かしてNIPTに関する情報発信中

-体験談, 福岡